2018年01月02日

うしろ向きの・・・(^_^)

こんばんは〜(^_^)/~  1/2(火)の日記です。

昨日(元日)のことですが。。

実家の母のところに 行ってきまして
久しぶりに 何時間かゆっくり 母と一緒に過ごして
きました(^^ゞ
お茶を飲んだり 話をしたり・・・
それから 母が(お世話になっているデイサービスで
たまにするらしいのですが)
『百人一首』で【坊主めくり】でもする?
というので やってきましたヨ〜(^O^)/


・・・負けてしまいました。。(笑)(≧◇≦)ゞ

で 札を片付けているときに
ちょっと気になりまして『百人』の中の
《うしろ向きで座っているお坊さんお二人》
写真に撮ってきました(^_-)-☆

これです。
左が【寂蓮法師】、右は【道因法師】\(^o^)/
寂蓮法師 道因法師  後ろ向きのお二人.jpg

ねっ(^_-)-☆ 顏がまったく見えないでしょ?

そういう絵になっている方が 《百人》のうち
何人かいることは 知っていたのですが
それはどうしてかなぁ。。と思って
ちょっとだけ調べてみましたら。。

札が作られた時代によっても 札の種類によっても
うしろ向きの人は それぞれいろいろで
特に決まっていないようです。。^_^; ちょっと驚き!!

ということは
昔の札など 別の種類のもので探せば
上のお坊さんお二人のお顔も見られるわけです

見てみたいでしょ?(^_^)

そうでもない。。という方も
いらっしゃるとは思いますが・・・

どうしても見てみましょう。。(笑)

ちょっと もったいぶって まずはお二人の横顔から。。


寂蓮法師 道因法師 横顔.bmp

ねっ? 見られたでしょ?(^−^)ふふふ。。


それでは いよいよ
お二人の前向きの姿をお見せしましょう\(^o^)/

ジャジャジャ ジャ〜〜ン

どうぞ〜


寂蓮法師 道因法師 前向き.jpg


いかがでしたでしょうか?

特に感想もない といえば ないような。。^m^(笑)


あ、でも 昔のものは
読み札には 上の句だけしか書いていないのが
多かったのかもですね(*'▽')


それでは 今夜のシメに
こんな うしろ向きの二人も見〜つけた(^O^)/
ということで。。(笑)

後ろ向きの。。.jpg


また明日〜\(*^_^*)/

おやすみなさ〜い

posted by K&K・こう太 at 23:51| どうでもいいようなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

ツヅレサセコオロギ?(^_^)

こんばんは〜(^_^)/~  9/24(日)の日記です。

夜も だいぶ涼しくなりまして 秋になったなぁと
心地よく虫の声を聞いておりますが (^−^)

家の窓の外で よく鳴いている虫は 何という虫だろう。。

と 最近また(以前にも やっています ^m^ )ネット上の
《虫の鳴き声》 が聞けるサイトで 調べてみました(^O^)/

前にわかったのは「カネタタキ」という虫だったりしましたが
今回は どうもコオロギらしいので その種類の様々な声を
聴き比べましたところ
たぶん『ツヅレサセコオロギ』 ではないかという結論に
至りました(^_^)v(勝手な結論でありますが・・・笑)

『ツヅレサセコオロギ』。。
面白い名前でしょ?(*^-^*)

・・・で その名前で さらに少し調べてみましたら
たしかにそのコオロギは 一般的に よくいる種類のようなので
まぁまぁ信憑性のある結論なのかなぁと
自信も湧いてきました(*^^)v

その名前の由来についてですが。。
漢字ですと『綴刺蟋蟀(つづれさせこおろぎ)』と書くそうで
僕には ぜったい書きたくならないような字であります(≧▽≦)

「綴」は <破れてほころんだ衣>
「刺」は <縫針を刺すこと>

ということで「つづれさせ」とは
<衣のほころびを縫い繕いなさい> という意味になるようです。

コオロギが秋に鳴くので
「冬の準備に衣のほころびを縫い繕っておきなさい」と
鳴いているように聞こえる。。ということから
そんな面白い名前がついたようですヨ(^_-)-☆


ということで
久しぶりに カテゴリ【どうでもいいようなこと】に入る(笑)
本日の日記 いかがだったでしょうか。。(^^ゞ

さっき これを書くにあたりまして
確認のため いろいろな虫の声をPCで聞いておりましたら
なんだか 窓の外の 本当の虫たちの声が
エスカレートしてきてしまったような。。

ま、まずい。。(^▽^;)


それでは また明日〜\(*^_^*)/

おやすみなさ〜い

posted by K&K・こう太 at 01:25| どうでもいいようなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

昨日の続き(^_^)/「古新聞」みたいな言葉(後編)&明日は伊勢原♪

こんばんは〜(^_^)/~ 1/5(木)の日記です。

昨日の日記の続きであります(^o^)/

『古新聞』 という言葉が 以前から気になってた(笑)^m^
という話。。

古いのか〜? 新しいのか〜?
・・・という感じで(笑)
なんとなく矛盾しているような言葉ですよね〜?
っていう話であります。。

・・・で、それと同じようなものとして

『かおるムシューダ』 も。。(^_-)-☆

みたいなところまでが昨日の内容でした。

今夜は その続きで もうひとつ同じような例を
ご紹介するわけですが。。

さっそくいってみましょうか〜(^O^)/

それは〜〜〜!!

ジャジャ〜ン!!


『トゲアリトゲナシトゲトゲ』です〜〜〜ヽ(^o^)丿


(^^;)んっ?

これは。。解説。。しましょうね。。

えぇと。。

主に葉っぱを食べる【ハムシ(葉虫)】という昆虫がいまして。。

そのハムシの一種に 全身にトゲが生えた【トゲハムシ】と
よばれる昆虫がいるのですが
この虫の和名が『トゲトゲ』というのです。

そして、この『トゲトゲ』の一種で
トゲのないものが発見され
それを『トゲナシトゲトゲ』と呼ぶことになるわけです。

ここまで 大丈夫ですか。。
ついてきていただけてますでしょうか?(笑)^m^

ここまででも もうすでに 矛盾を感じるわけですが。。

さらに その『トゲナシトゲトゲ』の一種に
普通の『トゲトゲ』のように 全身にトゲトゲがあるわけでは
ないのだけれど でもトゲがある種類
というのが発見されまして。。

それこそが
『トゲアリトゲナシトゲトゲ』なのであります\(^o^)/


いかがでしたか。。

もう なんとなく『古新聞』という言葉などは
どうでもいい空気になってきておりますが(笑) (≧▽≦)ゞ

一見 矛盾したような面白い言葉のウラには
それぞれのストーリーがあるのだなぁと。。

まぁ、無理矢理 そんなようなことで(笑)
まとめさせていただきます(^▽^;)

昨日から 前編・後編 共にお付き合いいただきましたことに
深く御礼申し上げます(^◇^)


さて、明日の僕達は
《セブンカルチャークラブ伊勢原》さん
午前と午後に ギター弾き語り講座を
務めさせていただきます。
いよいよ 本格始動です(^_^)/
講座メンバーの皆さんとお会いできるのが
とっても楽しみです 頑張りま〜す(^_^)/~

それでは 明日に備えてお風呂に入って〜\(*^_^*)/
早めに寝ようかな〜と思います。

おやすみなさ〜い

posted by K&K・こう太 at 00:20| どうでもいいようなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする